避難場所を表示する従来の機能に、更に、【現時点・場所】情報を瞬時にメッセージと共に発信する【緊急位置情報メールEmergency】を起動して有事に備えます。


EMERGENCY Vo2 は

インストール済のデバイスからアプリを呼び出し起動するシステムを持ち、まだインストールが出来ていない場合はダウンロードサイトへリンクする機能を装備したバージョンです。

EMERGENCY Info

このサイトは【緊急位置情報メール】アプリの操作、機能についてご紹介します。

初期設定①【メール配信先設定】 5ヶ所の(メールアドレス)登録・変更モード

メールの配信先は5箇所まで。

・随時簡単に登録変更が可能。

・個別のチェック選択が可能。

 


重要初期設定です。

 

この設定は、有事の際に複数の配信先へ一斉配信するためのメール先を事前に設定するものです。

入力完了後に、メール送信先への起動テストメールを配信することをお勧めします。

 

例・家族、会社、友達設定

● 上部の丸いアイコンから【配信先】をタップします。

1.個々のメールアドレスを入力する。

2.設定変更、をタップして保存する。

3.メッセージ設定で【テストメール】で有る旨の文面を入力して設定する。

 

4.下部 ①メッセージ選択で【テストメール】を設定する。

5.下部 ② GOTO START をタップする。

 エマージェンシーが起動され、配信先へメッセージと発信場所の緯度経度を地図上に表した情報が配信されます。


初期設定②【メッセージ設定】 5個の文章(50文字以内)登録・変更モード

メール・メッセージは5箇まで。

・随時簡単に登録変更が可能。

・日英50文字まで可能。


2つ目の重要初期設定です。

 

この設定は、配信すめメッセージの文面を設定するものです。

 

初期設定では5つの緊急性の文章が設定されていますが、ご自由に、目的におうじてカスタマイズしていただけます。

 

・文字数は全角、半角、英数字で50文字以内です。

・絵文字キャラクター文字はご利用できません。

※必要に応じて、いつ遭遇するか解らない時の為にお役立てください。

 

・助けて、私はここに居る。

・電話ください。

・場所変更。

・○○通過しました。

・○○時に迎えに来てください。

 

などなど、ご利用目的に応じてカスタマイズして下さい、変更保存設定をお忘れずに。

 


利用例 緊急以外の利用例

 

・現在地を記録する。

 観光の思い出などお気に入りの場所から2タップ。

 

・定時見廻り報告に利用する。

 仕事の定時見廻り報告を見廻り場所から2タップ。

 

・移動ごとに、通過記録を経緯として発信する。

 移動経緯と記録として、ポイントごとに2タップ。

 

・サイクルランなどで、タイム報告に利用する。

 

など

AR Laboratory
AR Laboratory

【神奈川県立観音崎公園アプリ】

緊急位置情報 Emergency FREEアプリ

cybARnet(CYBER AR, サイバー・エーアール)は、junaioに置き換わる世界最先端の拡張現実ブラウザです。

Download [cybARnet].Search for the augmented-reality app [cybARnet] in the App Store or Google Play and download it for free.

AR閲覧無料アプリダウンロード後に【Yokosuka search】を開く手順を動画で説明しています。

2014/8/24 横浜市元町

『一時滞在者・AR防災避難情報運用検証』

ご参加ご協力有難う御座いました。