8/24横浜元町『一時滞在者・AR防災避難情報運用検証』画像認識オペレーション

①通常は商店街、個店の看板からニュース情報を取得するシステム。

特別なマーク、表示物を認識するのではなく、既存の看板やロゴ、ほか構造物などを認識するものです。

認識をタップします。

【PET BAR】(構造物)

を認識してみる。

被写体をかざすだけ。

個店情報を表示。


画像認識による店舗情報【2014/8/24】

今回設定された、元町商店街の『画像認識の対象となる看板等』の画像を【アプリでかざす】事で、お店の情報を表示します。



店頭にて看板を認識する。

店舗 構造物を認識する。

店舗 袖看板を認識する。


左から①②③④

①店舗前の構造物を、スマホをかざす事で即時認識。

②スマホ画面に画像認識後に、ショップ情報アイコンを表示。

③アイコンをタップ。

④個店舗のショップ情報を表示。

②防災避難情報がスマホに配信されシステムが自動で起動するシステム。

 当日に設定されたシチュエーション

1.地震発生 2.関東広域通信障害 3.京都センター起動 4.京都から情報発信 5.被災現場から管理者が発信

15:45
【訓練】特別警報神奈川県沖震度6強直ちに避難して下さい。

15:55 スカイプ

【京都嵐山渡月橋】前から情報メッセージ開始の案内

16:00
【京都C】関東広域通信障害の為、京都Cからサポート配信開始

16:05
【京都C】元町公園危険!港の見える丘公園へ避難して下さい。

16:15
【元町防災管理】港見丘公園に17:00救護ヘリ着集合


③ 避難情報で現在地から避難場所への移動ナビゲーション。

防災避難情報

有事の際、このアイコンをタップする事でARシステムが起動して現在地から避難先となる道順をナビゲーション機能で表示します。


③避難情報で現在地から避難場所への移動ナビゲーション。

 実際にARを使った移動情報と運用を体験して頂きました。


AR Laboratory
AR Laboratory

【神奈川県立観音崎公園アプリ】操作ご利用に関する情報サイトです。

緊急位置情報 Emergency FREEアプリ

2014/8/24 横浜市元町

『一時滞在者・AR防災避難情報運用検証』

ご参加ご協力有難う御座いました。

2012/11/24現在首都圏位置情報エリア
2012/11/24現在首都圏位置情報エリア

特定非営利活動法人 AR防災避難情報

〒231-0821 横浜市中区本牧原4-2

E-mail : 1st@arjpn.org
TEL:045-305-6551
Web:http://www.arjpn.org/